プライバシーポリシー

2019-08-14

【作家名】デビット・ダズワース 【作品名】MOAS●画家名:デビット・ダズワース

●作品名:MOAS

●絵のサイズ: W31×H43cm

●額装サイズ:W53×H65cm

●版画の技法:カーボランダム

●サイン:作家直筆鉛筆サイン

●シリアルナンバー:28/250



デビット・ダズワースが版画で制作した抽象画「M O A S」は、とても立体的な抽象画の版画です。

これはカーボランダムという特殊な版画の技法によるものです。

このカーボランダムとは炭化ケイ素のことです。

炭素とケイ素が結合した物質で、硬くアルカリや酸に侵されにくく、熱に強いといった特長があり、研磨剤などに使われています。

版を彫らずに、このカーボランダムの特性を使って版を作り、用紙に刷る技法がカーボランダムの版画です。

金属版やプレキシガラス等の版に、プラスチック樹脂と粒状のカーボランダムの混合物を塗って乾燥させると塗った部分が非常に硬くなり、表面がデコボコのレリーフ状になります。

そしてこの凹凸ができた版の上に油性のリトグラフのインクを塗って用紙に刷りとれば版画作品ができるというわけです。

刷るときは、プレス機で紙を押さえ込みますが、このとき用紙には原版の形状に凹凸がつき、凹の部分と手で色づけされた部分が印刷されます。

凹凸がある版に大きな圧力を加えるため、用いられるのは破れないような厚い紙です。

この紙はあらかじめ霧吹きなどで湿らせて柔らかくしておきます。

インクは凸部にも凹部にも添付することができることから、色の濃淡に変化をつけることが可能です。

非常に変化に富んだ表現ができるので、ジョアン・ミロやアンドレ・コタボなどもこの技法を用いて版画作品を制作しています。

デビット・ダズワースがカーボランダムの版画で制作した抽象画「M O A S」をぜひご自宅のインテリアやプレゼントの絵としてご購入ください。


デビット・ダズワースが版画で制作した抽象画「M O A S」は、とても立体的な抽象画の版画です。